April 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

気温25度の北京より

JUGEMテーマ:芸能

JUGEMテーマ:エンターテイメント

JUGEMテーマ:演劇・舞台

JUGEMテーマ:映画

 

 

実家に戻り、再度北京に戻って来たら最高気温が25度にまでなってました。

桜は散ってしまったようですが、色んな花が一斉に咲き乱れています。

ここしばらく、私はこれまで経験のなかった分野について学んでいます。

新たな事を学べるのは有難いです。

でも同時にもっと勉強しておけば良かったと思ったりもします。

もっと頭が良かったらこんな事さっさと解決できるのではないか・・・とか思ってしまったり・・・

悔やんでも仕方ないのでじっくりやるしかないですね。

 

実家では両親とお出かけしたりしましたよ。

こんな日々が続けばいいなぁと思いました。

こどもの頃は怖かった父ですが、最近はすっかり丸くなって(笑)

ちっとも怖くない。

人生って不思議。

家族ってすごいな、怖くても嫌でも最後は全部オッケーになるんですよね。

 

父はいつも突然犬を連れて帰って来ます。我が家の歴代の犬はほとんど母の許可なく家族になっています。

このイングリッシュポインターのキャニーも突然家族になりました。

そして今やなくてはならない存在。

ねこのコイデ君にもそのうちそういう感情が湧くんだろうなぁ・・・

 

新しい生活を始めようとしている方、新しいことに挑戦しようとしている方、

私も少しずつがんばりますので、皆さんもがんばってください!

 

 

 

 

猫のコイデくん



正直、猫と共同生活を送った事がないせいか、猫の考えている事が全く分からない…
犬の様に接するのは間違いだと言うことは分かりました。

スタバのニックネーム




よく通うスタバで、人が多かったせいか久しぶりに苗字を聞かれました。中国にいるとレストラン等の予約でも、日本人の苗字は音から漢字を連想しにくいので、説明もややこしいから、大抵発音が自分の名前に似た中国人の苗字を使う人が多いのです。例えば『佐野さん』なら『左』姓を名乗ってみるとか。
私は『宋』を使います。『松』と同じ発音で、四声と呼ばれるイントネーション違いの字、しかも中国人にはよくある名前。
なので、いつもの如くスタバでも『宋です』と言うと、お店の方はじっと私の顔を見る。出来上がったカフェにしっかりと書かれていたのは『松』…
長年あちこちで使ったこの手、こちらが間違うはずはなく、使った後は名前の説明を省けた喜びと人を騙せたドキドキとで、いつも意気揚々としていたのだけど…
まさか皆さんが騙されてくれていたのかな…恥ずかしい〜

映画観賞<湯を沸かすほどの熱い愛>

JUGEMテーマ:芸能

JUGEMテーマ:エンターテイメント

JUGEMテーマ:演劇・舞台

JUGEMテーマ:映画

 

 

日本へ帰る飛行機の中で見ました。

北京発は朝が早いから普段だとしっかり横になってしまうのですが、映画が始まると、椅子をまっすぐ戻して見入ってしまいました。こんなすごい作品は飛行機で見ちゃダメだ〜〜!

泣いちゃう。横に人がいなかったけど、やっぱり恥ずかしい!

でも、死を前に何をするかってすごくすごく考えておかなきゃいけない事ですね・・・

それにしてもお母さんって偉大。

生きるってこういう事なんだなぁと思ったりもしました。

はい、死を前にしている人の話なのに「生きる事」について考えさせられました。

 

いろいろな小さな出来事が絡み合って現実を作っているのだけど、その描き方もとても勉強になりました。学ぶこと多かった!

他には何と言っても、俳優の皆さん全員が素敵だった、そこに生きてるなぁと思いました。

きっと現場も良い相乗効果が生まれて、どんどん一つになっていったんだろうなぁと想像・・・

現場を想像するだけでも心が温かくなって、あぁ、こういう映画って素晴らしい!私も頑張りたいと思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仕事の仕方

JUGEMテーマ:映画

JUGEMテーマ:エンターテイメント

JUGEMテーマ:演劇・舞台

JUGEMテーマ:芸能

 

 

仕事の仕方って色々あるなぁと思う。

私はお父さんが朝から会社に出て、夕方か夜に帰って来るお家に育ちました。お母さんは働いてはいたけどお家のことは全てやっていて、夕方には晩御飯が出来ていました。

だから、自分もいつの間にかそうあるべき、というかそうするのが当たり前だろうと思っていた節もあり・・・

中国の女性は家庭を持ってもどんどん外に働きに出ているのですが、九州育ちの私にとっては最初はびっくりな事でした。

ところが、今のお仕事を始めるとそうもいかない事ばかり。

でも今日もお仕事の打ち合わせに行ってきましたが、仕事が楽しくて楽しくて。

俳優だけやってれば楽でしょーに!と度々言われますが、これも性分、作品を作る仲間を探す事に頭を悩ませたり、苦しんだりしてててもそれも含めて楽しいと思えるようになってきたこの頃。

外国人の私が面白いプロジェクトに関われる事、理解を示してくれる家族がいる事、本当に有難い事だなぁと思いながらの帰り道。北京は立春を過ぎてちょっと暖かくなってきてます。

春節休みは空が澄み切って空気がきれいなので、ほとんど毎日1時間以上歩きました。

全部が有難い。

仕事が楽しいのも、空気がきれいなのも。

 

 

我が家のコーヒーの木とぶどうの木にも新しい葉が!

 

 

 

春がやってきますね〜。

 

 

 

 

 

 

 

 

月明かり




月の明かりが眩しくて目が冴えちゃいました。日本は良いですね〜。
年末から双子の甥っ子の弟君の方だけが北京に来てました。クリスマスからお正月まで怒涛の二週間。でも、楽しんでくれたようで何より。一番は、友達が出来た事でした。北京から福岡に戻っても、また友達に会いに北京に行かなきゃいけないって話してましたし。
私は日本のお正月の雰囲気を多分10年振り位に味わいました。福岡はやっぱり最高です!

今日三人の甥っ子たちが熊本に帰り、急に静かになった実家で両親とのんびり過ごし、何だか時の移ろいに涙腺が緩みそうでした。10歳の頃新築された我が実家も古い味のある家になっている事に気づきました。今までは帰省しても仕事モードが常にオンだったりして…気付いてなかった訳ではないけど、今回は何故かあちこち古くなったなぁとしみじみ…(笑)新しい年は変化の年です。
一番小さな甥っ子も大きくなりました。

元気に育って〜!

映画<羅曼蒂克消亡史>公開されました

光栄な事に、あの葛優さんの妹であり、あの浅野忠信さんの奥さんという役で出演させて頂いた映画がやっと公開されました。私は中国人の役です。クランクアップから二年経っていましたが、今でもはっきり覚えてます。浅野忠信さんの演技、素敵でした。それと、劇中上海語を話さないと行けないのですが、本当に完璧、ちょっとの訛りもなく驚きました。今日から公開だったのですが、映画を見たという友人たちから、次々にメッセージが届きました。演技の事に次いで質問されたのは、やはり上海語は吹き替えなの?そうじゃなかったら上手すぎる!という内容。それから、やはり日本人の俳優は素晴らしいとも。
撮影中は手探りの状態になりがちですが、こんなに褒められるとやっぱり誇らしい…(笑)お伝えする術がないのでブログに書いてしまいました…

オファーをお受けするか迷っていた時に、頑張れと背中を押してくれた方がいたのですが、その方にもこの場を借りてお礼致します。ありがとうございました。

ちなみに私は死んじゃいます!

映画鑑賞<秘密と嘘>

JUGEMテーマ:エンターテイメント

JUGEMテーマ:演劇・舞台

JUGEMテーマ:芸能

JUGEMテーマ:映画

 

 

イギリスの俳優さんは本当に素晴らしい。

ため息が出ます。

ほんと、全員素敵。

 

 

時間が足りないな、と焦ったり・・・

何をやっているんだろうと急に不安になったりしますが・・・

こんな素敵な作品に出会える。がんばろ〜〜!

祖母のいたずら

JUGEMテーマ:映画

JUGEMテーマ:演劇・舞台

JUGEMテーマ:エンターテイメント

 

父方の祖母が亡くなってからもうたぶん10年位経ちました。

学生時代にアメリカに行きたいと言えば、やめた方がいいとこっそりアドバイスされ、中国に留学したいと言えば大反対だとやっぱりこっそり意見されました。

こっそり、というのは、今思えば父や母が賛成しているかも知れない以上真っ正面からは言えないという遠慮だろうと思います。二階の父の部屋に連れて行かれて、一対一で話をされた事を今でも覚えています。

祖母は台湾育ちでした。そのせいか、イカスミやらビーフンやらライチやら、そんな食べ物を好んで食べていました。ちなみに我が家はオートミールが朝食に出ることもあり、父は好物でしたが、逆に父はビーフンは大嫌いでした。子供の頃から事ある毎にビーフンが出るので飽きてしまったようでした。

祖母は本が好きで、部屋には万年床の周りに小説が山積みでした。我が家で寝泊まりしていた頃は、きれい好きな母が毎日嫌そうな顔をしていたことも覚えています。でも祖母は母の手料理が大好きでした。

祖母は喫煙家でした。父も吸っていたので、我が家では祖母の喫煙が許可されていました。小さな体で一生懸命背伸びして、換気扇の紐を必死にひっぱっていた姿を思い出します。祖母がこっそりタバコを買いに行った時、道に迷ってしまった話もしてくれました。近くを通りかかった人に◯丁目◯区の町内会長の家に帰りたいというと、その方がとても丁寧に家まで送り届けてくれたという話を自慢げに色々な方にしていました。お隣のお爺ちゃんが、祖母の事を好きなのかも知れないと言った事もありました。

父の兄弟にとって祖母はちょっと手に負えない母親なのかもしれないという気もしていました。

突然宗教に入ったり、何かの折に「生きて生きて生き抜いてやる!」と啖呵を切った事もあったし。

とはいえ、私にとっては大好きなおばあちゃんでした。

 

祖母が亡くなる時、私は北京から福岡に戻りました。母からの連絡があったからです。

あれだけ気が合わないと言っていた母が最後は毎日のように病院に通っていました。

ヨーグルトを買って行ったりプリンを買って行ったり、しゃべる事もできなくなっていた祖母を相手に毎日のように話をしていたようです。

祖母と顔を合わせた次の日、病室へ再び行ってみると祖母の病室にはお医者様や看護師さんたちが数名忙しそうにしていらっしゃいました。器具を外しているのが見えたので、何か起こったのだと思いました。

部屋に入ると、お医者様が祖母は数分前に息を引き取ったと教えてくれました。

 

2012年に入り、私の身の回りには色々なことが起こりました。

助けてくれる人は沢山いたのですが、どうしてこんな事になるんだろうと思うようなことばかりでした。

尖閣諸島問題なども起こり、何もかも実感がわかないまま日々が過ぎていました。

そんなある日、夢に祖母が出てきました。

最初は夢だと分かっていたので、助けに来てくれたのかと思ったりもしました。

祖母は夢の中でしきりに喉が渇いたと訴えました。

私はだんだん夢だと思えなくなって、北京で一緒に住もう、私が何とかするからなどと言っていました。

目がさめると、それはやっぱりものすごく後味の悪い夢だと気付きました。夢じゃなかったとしても祖母が私を助けられることなどあるわけなく、助けに来てくれたのだと一瞬でも思った自分が恥ずかくなりました。何となく重い気分になってしまい、これが夢でよかったと自分に言い聞かせていました。そのあとすぐに母に電話をしました。

 

それからは、毎日お水を置く事にしました。

とりあえず祖母が喉が渇いたと言って夢に出てこないように。

新しい水をいれた入れ物を置く際には、変な事せんでね〜とお願いします。

虫の居所が悪くて何かやられたら困りますから。

実は最近、そうやってお願いしていたはずのことが現実になってしまった事がありました。

事実に気づいた時、とっさに、これはおばあちゃんがやったに違いないと思ってしまったので、それ以降は頭では自分がやった事だと分かっていても、心ではおばあちゃんのいたずらだと思ってしまいます。

反省すべきことはしなきゃいけないけど、これは確かに勢いというかタイミングも必要だったといえば必要だったわけで、この結果に感謝しなさいと言われそうなことでもあります。

現在進行形となった出来事がどうなっていくのか・・・私はただただ必死に毎日お水を換えるのみです。

 

亡くなった後の方が存在感が大きい祖母の話でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

脚本会議でボツに

 

 


ドラマの脚本を受け取り、どう変えたらもっと良くなるか考えて欲しいと言われていました。それも受け取ってから4日間で…中国ドラマをお好きな方はご存知でしょうが、こちらのドラマ、今や25話は短い方で、今回のは31話もありました。登場人物も必然的に多くなるわけで、人間関係を把握するだけでも時間がかかります。
しかも、20歳の主人公を30代前半に変えたいというお題付き…
現代物の作品だから時代物と違って読み易いから!なーんて言われたものの、読みながら思いました。なんだか話が古いなぁ…
聞いてみると、やはり数年前に書かれたらしく… 現代物の悲しい性です、たったの数年で古く感じちゃう…
31話も書く事が如何に苦しいかよーーーく分かるから、どうやったら良いかこの数日頑張って考えました。でも、年齢が10歳も変わると物事への反応、対応、行動、判断等など色々と変わる訳で、大変だなぁと思いながら、考えたアイディアを今日の会議で話して来ました。
企画担当者も頭を抱えていたようで、なんでこんなプロジェクトを任されてしまったのだろうと愚痴をこぼす次第…
脚本家さんの苦労を考えるとどうにかしたいと思い、私は、晩御飯の支度中やら髪を洗っている最中やら、果てはわんこの会の最中にも考えていたアイディアを話しました。企画担当さんにはバッドニュースだけど、ほぼ全て書き直す覚悟が必要だよ、と伝えました。だって20歳と30歳は違いすぎる!書くならそりゃ30歳の方が楽しいけど、と…
担当さんは、半分泣きそうになりながら、じゃあいつまでに書き終わる?と…なかなかです、その半泣きは演技じゃなかろうかと思わされる程間髪入れずに聞いてきました。プロデューサー系の方々が考えている事は、スケジュール、予算、配給、宣伝…と幅広いのです、だから脚本がとにかく一日でも早くあがって欲しいと願っているのです…が、私サイドでそんな事に理解を示そうものなら、月末までにプロット、年末までに脚本を仕上げて!なんて言われかねません…(笑)仕方ないので、分からん!と返事。
担当さんもほぼ全部書き直す事は覚悟していた様で、新しい変更アイディアを聞きながら一言。これまでの企画はボツにします、今りりが話したアイディアで新しい作品を書こう!と。
新しい脚本を書くならやっぱり時間が必要だよと言うと、今度はさっきより本気で半泣きになりながら、いつまでに書き終わるか大体で良いから教えて〜〜!って(笑)
なかなか良いオチでした。
いや、笑ってる場合じゃないか…
長く残るものは作り上げるのに時間がかかるんだと思うよって、頂いたアンティークの輪島塗のお椀の話なんかして帰りました。
北京はもう冬です、じゃじゃが散歩を面倒くさがるようになりました。

 

 

 

12345>|next>>
pagetop